ごあいさつ


この度は安洞院の公式ウェブサイトへのご訪問、まことにありがとうございます。安洞院は安土桃山時代の1595年(慶応元年)、福島市小田の本寺陽林寺第6世住職・玉峯芳積(ぎょくほうほうしゃく)大和尚を開山に迎え開かれた曹洞宗寺院です。開山から422年、時代の流れの中で幾多の苦境に置かれた時期もありましたが、歴代住職が地域の檀信徒と力を合わせて今日まで法灯を守ってまいりました。
 
寺の名前に冠される山号は「香澤山」(こうたくさん)と申しますが、その名のとおり寺を囲む里山から注ぐ清流には夏の蛍が舞い、春には沢のほとりに春の花が咲き乱れ、まさに「香りの沢」に相応しい景観です。風光明媚な四季折々の美しさの中、喧騒から離れた時間をお過ごしいただければ幸いです。
 
平成27年の住職就任にあたり、境内建物の完全バリアフリー化を進めるとともに、宿泊設備の増設、車いす用のトイレの整備、オムツ交換台の設置など、子どもや年配の方が過ごしやすい環境作りに務めてまいりました。また、寺院は老若男女みんなの場所という認識のもと、次世代を担う子どもたちへの法要参加を勧め、若い世代が仏教を通して心身を見つめ直すイベントにも力を注いでおります。
 
平成17年~20年に研修生として在籍した曹洞宗総合研究センターでは、これからの多様化していく社会や家族の在り方に対応すべく、墓地問題や葬祭問題を中心とした研究を深め、個々の問題に柔軟に対応できる知識の習得に努めてまいりました。より専門的な領域からの判断が必要な場合は、顧問の弁護士や税理士、司法書士などの士業・専門分野からのアドバイスや紹介も行います。
 
これからも次世代に対応できる「寺院力」向上を目指し、地域やお参りのみなさまに還元してゆけるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
安洞院17世
住職 横山俊顕(よこやま しゅんけん)
 
 
【略歴】
1979年 7月19日生まれ
1998年 福島県立福島高等学校卒業
2002年 駒澤大学仏教学部禅学科卒業
2002年 曹洞宗大本山總持寺にて修行
2003年 安洞院副住職
2010年 曹洞宗総合研究センター教化研修部門修了(H29年現在、委託研究員)
2015年 安洞院17世住職就任
宗務所布教師
 
【得意とする分野】
宗教と芸能、墓地や葬祭問題、葬祭文化に関する民俗学
 
【趣味】
フルマラソン、トレイルランニング、アウトドア全般、伝統芸能、写真、読書
 
 
HOME | 安洞院について | ごあいさつ
 
ご不明な点はお気軽にお問合せください。
Tel.024-534-0939